【レビュー】知る人ぞ知る!パタゴニア「バギーズショーツ」オススメする理由とサイズ選びのコツ

Pocket

どうも、アキミチです。

 

ボクが、夏にヘビーユーズするショートパンツが「パタゴニア バギーズショーツ」

サーフィン、釣り、キャンプ、バーベキュー、プール、海水浴。

まぁアウトドア、日常と使いまくるマルチなやつです。

「夏はこれ以外考えられない」ってレベルで愛用してます。

 

今回は、そんな使い勝手最高なパタゴニア「バギーズショーツ」をオススメする理由とサイズ選びに必要なコツのレビューです。

夏の定番!!パタゴニア「バギーズショーツ」の快適さが半端ないよ!!

夏って「暑苦しい、蒸れやすいもの」ってのは極力避けたいじゃないですか?

そんな悩みは、バギーズショーツが解決してくれます。

夏において「いかに快適に過ごせるか」は超重要です。

その点、今回紹介するパタゴニアの「バギーズショーツ」って超快適で、きっとあなたの一夏のパンツスタメンを張れる最高な1枚になります。

 

バギーズショーツの主な特徴を、ざっと下記にまとめてみると、

  1. 履き心地抜群
  2. 耐久性がある
  3. 速乾性に優れる
  4. 軽量

この4点が主な特徴です。

簡単にいうと「水でも陸でも関係なしにガシガシタフに使えて、お洒落なパンツ」です。

 

まだバギーズショーツを履いたことがないなら、ぜひ1度履いてみてください。

「これ以外履けないわ!」ってなるレベル!

バギーズショーツ!オススメポイントはここ!

「バギーズパンツのどこがいいの?」ってところを詳しく説明していきたいと思います。

バギーズショーツのオススメポイント3選!!をどうぞ!!

オススメ1 履き心地が快適。オススメの履き方はノーパンスタイル

バギーズショーツのインナー部分には、「メッシュライナー」ってものがついてます。

バギーズパンツ(インナー)

↑これがメッシュライナー!!

このメッシュライナーには賛否両論あるんですが、個人的にはアリ。

なぜかというと、このメッシュライナーのおかげで、ノーパンで履けるからなんですけどね。

そして、アキミチがおすすめしたい履き方ってのが、ノーパンスタイルなのです。

バギーズショーツだから許されるみたいなところがありますねw

 

僕自身、購入当初は、なんとなくノーパンには抵抗があって、ボクサーパンツを履いて着てました。

でもそうすると、メッシュライナーのせいでモサッとごわつくんですよ。

その感じが気持ち悪いのなんのって。

なので、ボクは、バギーズショーツノーパン派ですね。

 

ノーパンに抵抗がある方も、騙されたと思って、ぜひ1度お試しを!

1度試してノーパンがダメだって方は、メッシュライナーは切り離すべし。(実際に切り離す人もいるので安心です)

 

オススメ2 耐久性があるから、いろいろな用途で雑に使える

実際にボクは、

  • サーフィン
  • 海、川
  • キャンプ
  • バーベキュー
  • ランニング
  • 釣り

と幅広いアウトドア用途で使いました。

バギーズパンツレトロ撮影写真

参考までに言っておくと、ボク自身丁寧に使うってタイプじゃないので、結構雑に使い込みました。

そんな雑に使い、上記に書いた用途で使いまくっても、くたびれ感がないというタフさ。

 

アウトドア派の方にとって、この「雑に使えるパンツ」ってのは嬉しいところではないでしょうか?

汚れたら、水でジャバジャバと洗っちゃえばいいそんなパンツ。

 

オススメ3 速乾性抜群。海もプールもこれ1枚

バギーズショーツは、水陸両用です。

バギーズショーツに使われている素材が、「サプレックス・リサイクル・ナイロン」。

この素材のおかげで、撥水性、速乾性がすごいんです。

バギーズパンツウォッシュ

1時間くらい日に当たってれば、車に乗り込めるくらいには乾きますからね。

不意に雨が降ってきたとしても、濡れを気にするコトもありません。

 

あなたが海に行くとして、想像してみてください。

「バギーズショーツにTシャツ、ビーサン。そのまま海にドボン!帰り際に乾かしてそのまま帰宅する。」

余計な荷物なし、現地で着替える手間もない。

これできたら、めちゃ楽になると思いませんか?

 

でも、そんな使い方が実際にできちゃうんですよ。というか、僕がこうゆう使い方をしてます。

 

夏の時期、自宅が海・プールが近くなので、娘が幼稚園から帰ってきたら海水浴かプールに行くことが日課になります。

そんなときに、荷物が少ない、着替えの必要がないってだけ、めちゃくちゃ楽になるんですよ。

もちろん、着替えなしなので、「着替えてて目を離した隙に、子供がいなくなる」なんてこともありません。

パンツ一枚で、気軽に遊べるって最高なわけです。

 

購入時に注意したいこと

バギーズショーツの購入するときに注意してほしいことが、「丈の長さ」と「サイズ感」です。

この2点について解説します。

バギーズショーツは丈の長さが違う2種類がある。

バギーズショーツ丈

バギーズショーツって、丈の長さが違う2種類あるんですよ。

それが、丈が「短いタイプ」と「長いタイプ」。

この丈の長さを注意しないと、あなたの思ってたイメージと違うじゃん!ってことになりかねません。注意してくださいね。

 

丈の長さ参考

丈が短い(5インチ=13㎝) → バギーズ・ショーツ

丈が長い(7インチ=18㎝)→バギーズ・ロング

この2種類です!!気をつけてくださいね。

丈の長さは個人によって好みが違うと思うので、お好きな方を選んでください。

 

膝ちょっと上が好きな人は、ロング!

ガチめな短パンが好きな人は、ショート!

不安な方は、ネットで購入するよりも実店舗で試着してみると失敗なくベストなバギーズショーツが選べると思います。

 

参考までに、ボクが履いているのは、ショートですね。

ショートのほうが、丈が短い分、太ももに突っ掛かりのような抵抗がなくて、動きやすいと感じたのが決め手で購入しました。

バギーズショーツのサイズ感は?

パタゴニアの製品は、基本的にアメリカ人サイズで作られているので、基本的に大きめにできています。

  • パタゴニアのLサイズ→日本では「XL」
  • パタゴニアのMサイズ→日本では「L」

といった具合です。

バギーズショーツのサイズを決めるときには、「普段選ぶサイズよりワンサイズダウン」を選ぶことをオススメします。

 

ボクは、168cm70㎏と筋肉質のがっしり体型なので、普段選ぶサイズは「L」か「XL」。

パタゴニア「バーギーズショーツ」は、それからワンサイズ下げた「M」で履いています。

これがゆるくもなく、きつくもないといった具合でちょうどよく履けています。

 

まとめ 夏には1枚持っておいて欲しいベストなショートパンツ

以上、パタゴニア「バギーズショーツ」をオススメする理由とサイズ選びに必要なコツでした。

 

バギーズショーツってホント最高なんですよ。

これ以外に、

「速乾性、耐久性、快適性を兼ね備えたショートパンツはない」

と自信を持っていえるほど大好きで愛用してます。

 

夏には売れ切れてしまうほど人気がある、パタゴニアのバギーズショーツ。

なので、毎年ボクは夏が終わり購入しやすくなる今からのオフシーズンに、次の年用に購入しています。

 

▽バギーズショーツ(丈が短いタイプ)

▽バギーズロング(丈が長いタイプ)
>>>ショルダーバッグとして、パタゴニアのヒップバックも愛用中!
Pocket

ゼロから始める!!デザインレッスン

ゼロから始めるデザインレッスンです。

デザインの基本原則を論理的に教えているから、誰でも人から「センスいいね」と言われるデザインができるようになります。

デザインソフト「photoshop」「illustrater」の基本操作、基本原則などのデザインのルールもお伝えしていきます。

「デザインを使ってやりたいことがある」

「武器となるスキルが欲しい」

そんな人の活動を加速させるためのスキル、デザイン。

まずは、無料体験レッスンからぜひ受講ください!!

【消防士転職に関するの超リアルな話】

みんなが気になるお金の話から、消防士のリアルな話、実際に退職へ向けて行動した結果、ブログでは話せない超リアルな話を配信中!!

転職したい人も、独立を目指す人も!
今楽しい人も楽しくない人も!

人生変えたいなら、要checkです!

友だち追加