「sony a6000」に合わせて同時購入しておきたいアクセサリーと小物

Pocket

どうも、アキミチです。

 

先日、カメラ(sony a6000)を購入してからというもの、毎日愛用中です。

いざ手元にカメラがあると、「写真がうまくなりたい」「カメラに詳しくなりたい」と欲が自然と湧きます!

>>>SONY α6000 レビュー! 開封とファーストインプレッション!!

 

つい先日、カメラのことを調べてた時に、ちょっと見逃せない情報を見つけました。

それが、「カメラを購入したタイミングで、必要な付属品は揃えておいた方がいい」ってこと。

レンズを守るフィルターやクリーニングキットだったりと、特にカメラを守るためのアクセサリー類は必需品みたいです。

 

ボクはというと….

フィルター?付けてません。

液晶保護フィルム?付けてません。

カメラクリーニングキット?持ってません。

予備バッテリー?1個じゃダメなの?

 

ボクがカメラに合わせて購入したといえば、SDカードだけです・・・

要は、購入した素のまま状態で、ガンガン使っちゃってました。

 

幸いレンズに傷をつけることもなく、液晶画面も無事です。

てなわけで、この機会に、カメラ初心者が揃えるべきものをまとめておきます。

今回は、カメラ初心者が「カメラを購入したら購入するべきアクセサリー」を紹介します。

 

1 レンズフィルター

レンズって、特に丁寧に扱わないといけないらしい。。。

「ぶつけてレンズに傷がついちゃった」

「埃が付着してるのにそのまま拭いて、レンズを傷つけてしまった」

こんな風にレンズが傷つくと撮影にも影響が出てしまいます。

 

レンズフィルターをしてなかったために、レンズに傷がつき痛い出費となる可能性が十分考えられます。

なので、フィルターは装着したほうが良さそうですね。

 

ただ、このレンズフィルター。

人によっては、フィルターを装着すると画質が下がるって理由から、付けない方もいるようです。

「画質が下がると言っても、素人にはわからないレベル」なので、ガサツな方は積極的に「レンズフィルター」つけましょう。

画質を求める撮影の時だけ外すってこともできるので、普段使いはフィルターを付けておいて間違いないです。

ボクも、面倒くさがり+ガサツなので、フィルターはしっかり付けておこうと思います。

レンズは高価。

特に取り扱いに慣れていない初心者だからこそ、「レンズフィルター」は必須です!!

 

2 液晶保護フィルム

液晶画面

スマホの画面が傷つかないように貼る保護フィルムのカメラ版。

液晶保護フィルムなしで、画面に触ってしまうと指紋がべったり。何かに当たって、画面が割れてしまうなんてこともありえます。

「液晶保護フィルム」は、その予防策に効果的です。

 

てか、画面が汚れをいちいち気にしながら操作するって億劫じゃないですか?

なので、ボクは付けます。

 

「SONY a6000」は、タッチパネル非対応なので、画面に直接触れる機会は少ないんだけど、チルト液晶を使う際にどうしても画面を触れてしまいます。

 

全く気にしない人はいらないんだろうけど、なるべきカメラを綺麗に使っていきたいと思う人には、「液晶保護フィルム」は必須ですね。

 

3 クリーニングキット

カメラ、レンズを長持ちさせるための、メンテナンス。

カメラの手入れをしないと、カビが発生したりと、直接カメラの不具合の原因になります。

 

「SONY a6000」は、レンズ交換式。

レンズ交換する時に、誤ってボディ内に埃が入ってしまうと、メーカーに出してクリーニングをお願いしなくちゃいけなくなることもあるそうです。

そうならないためにも、レンズ交換は慎重にすべきですね。

 

そんなメンテに必要なものが、クリーニングキットには揃っています。

 

埃を吹き飛ばすブロアーやレンズブラシ、クリーニングペーパーが入ってます。

何を購入したらわからない初心者はこの「カメラクリーニングキット」を買っておけばまず安心です。

 

せっかくダブルレンズキット(標準レンズと望遠レンズ)を買ったのに、クリーニングキットを購入してないがために、まだレンズ交換できてません。

 

4 予備バッテリー

SONY a6000の弱点といえば、バッテリー持ちが悪いこと。

これはこの機種に限らずミラーレズ一眼全般、バッテリー持ちはよくないみたいですね。

 

そんな時に持っておきたいアイテムが、予備バッテリーです。

予備バッテリーが必要になるときというのは、必然的に重要な場面が多いはずです。(カメラをそれだけ使ってる証拠なので。)

そんな時だからこそ、バッテリーが切れたではマズイ!!

大事な瞬間を逃さないためにも、予備のバッテリーは必需品です

 

この「RAVPower」は、純正バッテリではありません。
 
予算に余裕があるなら、SONYの純正バッテリーがいいんでしょうけど、いかんせん値段が高いです。
 
バッテリー1個に6000円は正直痛いです。
 
 
ってことで、ボクはAMAZONで評価も高いこちら「RAVPower」の互換バッテリーを購入します。
 
バッテリー2個ついてるし、充電器もセット。
 
 
互換バッテリーって怪しいの多いイメージですけど、この「RAVPower」は、AMAZONの「ベストセラー」「レビュー179件」と信用できます。

 

まとめ

カメラと同時購入しておくべきアクセサリー
  1. レンズフィルター
  2. 液晶画面保護フィルター
  3. クリーニングキット
  4. 予備バッテリー

以上、SONY a6000購入時に合わせて同時購入しておくべきアクセサリー類です。

 

しっかりカメラを保護・メンテすることで、カメラの長持ちにつながります。

今回紹介した付属的なものって、後から1つ1つ揃えようとすると、忘れてしまったり、面倒じゃないですか?

なので、購入時にまとめて同時購入されることをオススメします。

 

 

Pocket

ゼロから始める!!デザインレッスン

ゼロから始めるデザインレッスンです。

デザインの基本原則を論理的に教えているから、誰でも人から「センスいいね」と言われるデザインができるようになります。

デザインソフト「photoshop」「illustrater」の基本操作、基本原則などのデザインのルールもお伝えしていきます。

「デザインを使ってやりたいことがある」

「武器となるスキルが欲しい」

そんな人の活動を加速させるためのスキル、デザイン。

まずは、無料体験レッスンからぜひ受講ください!!

【消防士転職に関するの超リアルな話】

みんなが気になるお金の話から、消防士のリアルな話、実際に退職へ向けて行動した結果、ブログでは話せない超リアルな話を配信中!!

転職したい人も、独立を目指す人も!
今楽しい人も楽しくない人も!

人生変えたいなら、要checkです!

友だち追加