【格安スマホ乗り換え】楽天モバイルからLINEモバイルに変更したんだけど、予想以上に良くて満足してる。

Pocket

どうも、アキミチです。

楽天モバイルからLINEモバイルに乗り換えました。

今回、やむを得ずな事情からの乗り換えだったんですけど、めちゃ満足しています。

 

格安SIMにすると、3大キャリア(docomo,SoftBank,au)と比べて、毎月のスマホ代を大幅に削減できますよ。

「毎月の携帯代が高い」とお悩みの方にはぜひ乗り換えを検討してみてください。

下記のどれかに当てはまる人には、LINEモバイルがオススメです。

LINEモバイルオススメ!!
  •  SNSを多く使う人
  • 「格安SIM」を検討中の人
  • 月額料金を安く済ませたい人
  •  LINE交換する頻度が高い人

LINEモバイルは、SNSが使い放題でデータ量を気にせず使えるのが特徴です!

この記事では、数ある「格安SIM」の中から選んだ「LINEモバイル」をオススメする理由を説明します!!

LINEモバイルを選んだ理由

今回、ぼくが「LINEモバイル」に乗り換えた理由は、以前使用していたiphone6を再利用するためです。

 

使用していたアンドロイド携帯が不調で、iphone7・iphone8の新規購入を一度は検討したんですが、あまりにも値段が高く、

手が出せませんでした!!!

その対策として、以前使用していたソフトバンクキャリアのiphone6(SIM解除なし)が手元にあったので、ソフトバンク回線で使用できるLINEモバイルを選んだわけです。

 

ご覧のとおり、やむを得ずな感じでの乗り換えでした。

とはいえ、結果的に、SNSが使い放題になったので結果的に最高でした!!

LINEモバイルのここがイイ!

僕の「LINEモバイルのここがイイ!」を紹介します!!

LINEモバイルのここがイイ
  • SNSのデータ消費ゼロ。使い放題
  •  月額料金が安い
  •  電話話し放題オプションがある
  •  ソフトバンク回線が使える
  •  LINEの年齢認証ができる
  •  通信速度が早い

上記の中から、他の「格安SIM」にはないLINEモバイルの特徴2つをピックアップして紹介します。

1 SNS使い放題

まず、めちゃくちゃイイじゃん!!って思ったのが、「SNS使い放題」

LINEはもちろん、Twitter、Facebook、Instagaramがデータ消費0で使えます。

SNSを使い倒すあなたにとって、ベストな「格安SIM」といえばLINEモバイルになり得ます。

 SNS分、データ消費を節約できるので、月末にデータ不足になる心配がまず減りますよね。

僕もSNSの使いすぎで、利用制限を受けることが多かったので、その点が改善できたのは素直に嬉しいです。

そして、さらに嬉しいのは、仮に利用制限がかかったとしても、SNSは利用制限を受けずに使えるってこと!

これめちゃすごくないですか?

データ量を一切気にせずに、SNSを楽しみたいなら、LINEモバイルです!

2 LINEの年齢認証ができる

LINEモバイル以外の「格安SIM」には、年齢認証ができない問題がありました。

「年齢認証ができない」と、LINEでのID検索が使えないことを意味します。

 

「ID検索できなくてもいいや」と思われるかもしれませんが、このID検索ができないとなにかと不便なんです。

以前ぼくが使用していた「楽天モバイル」は、この年齢認証ができずID検索が使えませんでした。

久しぶりに再開した友達とLINE交換しようとしても、LINE交換の手段がQRコードを読み取るしか方法がなく、とても不便を感じました。

ID検索ができれば、口頭で伝えるだけなので連絡先交換が圧倒的に楽です。

 

今のところLINEのID検索を使うには、

  • 大手キャリアを使用する
  • LINEモバイルを使用する

この2通りの方法しかありません。

LINE交換する場面っていつ遭遇するかわからないですし、ID検索できることに越したことありません。

ID検索が使えて、なおかつ月額の料金抑えたいなら、LINEモバイルの1択です。

乗り換えにかかった費用は!?プランは?月額料金はいくら?

乗り換え費用

格安SIMを乗り変える時には、費用がかかります。乗り換えを検討されてる方は、軽く頭にいれておいてくださいね!

出典:LINEモバイル公式サイト

初期費用はこんな感じです。

乗り換え費用
  •  初期費用・SIMカード発行費  400円
  • 登録事務手数料       3,000円

計3400円。

前回使用していた「楽天モバイル」を1年以上使用していたので解約違約金がかかりませんでした。

乗り換えが安く済んだ大きな要因です。

3大キャリアの場合、「2年縛り」で、契約から2年後更新月以外で解約すると違約金がとられます。

 

乗り換えを検討される方は、今使用している契約の期間もしくは途中解約の違約金がいくらかかるのか確認してみましょう。

ちょうど違約金がとられないタイミングであれば、乗り換えにはベストなタイミングです。

違約金が発生しない期間がまだまだ先という人も、違約金を払ったとしても「格安SIM」に乗り換えた方がお得になるケースもあります。

 

例えば、毎月8000円支払っていた通信料が、「格安SIM」乗り換えで2000円になったら、その差額は6000円。

違約金と新規手数料を考えても、2〜3ヶ月で相殺できてしまいます。

こういったケースは、できるだけ早めに「格安SIM」に乗り換えた方がお得です。

ぜひ検討してみてください。

オススメのプラン

LINEモバイルでは、3つのプランからお好みに合わせて選ぶことができます!

出典:LINEモバイル公式サイト

3つのプラン
  1. LINEフリープラン→LINE通話・トークのデータ消費0
  2. コミュニケーションフリープラン→LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費0
  3. MUSIC+プラン→LINE MUSICと主要SNSがデータ消費0

 

僕は、SNSをよく使うので、コミュニケーションフリープランを選びました。

  • LINE以外のSNSも使う。
  • LINEミュージックは使わない

なら、ぼくと同じコミュニケーションフリープランをオススメします。

月額料金

僕は、日常で電話する機会がよくあるので、音声通話SIMで契約し、「10分話し放題」という電話オプションをつけました。

月額料金の参考
  • コミュニケーションフリープラン(音声通話SIM、5GB) 月額2,220円 
  • 10分電話かけ放題 月額880円

10分電話かけ放題に入っておくと、通話料金を気にせず電話をすることができます。

電話をあまり利用しない人は、オプション費用なしの基本料金のみになります。

この「10分電話かけ放題」に入らなくても、お得に電話することがLINEモバイルでは可能です。

「いつでも電話」というアプリを使用して電話をかければ、半額でお得に電話できますよ。

出典:LINEモバイル公式サイト

まとめ

LINEモバイル、いかがだったでしょうか?

LINEモバイルの特徴をおさらいしておきます。

LINEモバイルのここがイイ
  • SNSのデータ消費ゼロ。使い放題
  •  月額料金が安い
  •  電話話し放題オプションがある
  •  ソフトバンク回線が使える
  •  LINEの年齢認証ができる
  •  通信速度が早い

スマホ代を安くできて、SNSも楽しめる「格安SIM」は今のところ他にありません。

僕自身、LINEモバイルに乗り換えてみて、非常に満足しています。

Pocket

ゼロから始める!!デザインレッスン

ゼロから始めるデザインレッスンです。

デザインの基本原則を論理的に教えているから、誰でも人から「センスいいね」と言われるデザインができるようになります。

デザインソフト「photoshop」「illustrater」の基本操作、基本原則などのデザインのルールもお伝えしていきます。

「デザインを使ってやりたいことがある」

「武器となるスキルが欲しい」

そんな人の活動を加速させるためのスキル、デザイン。

まずは、無料体験レッスンからぜひ受講ください!!

【消防士転職に関するの超リアルな話】

みんなが気になるお金の話から、消防士のリアルな話、実際に退職へ向けて行動した結果、ブログでは話せない超リアルな話を配信中!!

転職したい人も、独立を目指す人も!
今楽しい人も楽しくない人も!

人生変えたいなら、要checkです!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください