公務員を辞めたいと嘆く9割の人は、仕事を辞められず一生公務員。

Pocket

どうも、アキミチです。

「3年以内仕事を辞めたい。」「家族が同意してくれたらすぐにでも辞める。」「子供がもう少し大きくなってからにしようかな」

そんなもっともらしい言い訳を並べてしまっていませんか?

結論から言ってしまうと、あなたを含めた公務員を辞めたいと嘆いている人のほとんどは辞めることができません。

仕事を辞めたいなと思ってる人なんて山ほどいます。しかし、その9割の人が辞めることできずに一生公務員を続けるしかないという現実

あなたはその現実をどうみて、どう受け止めますか?

 

今回は、公務員を辞めることができるたった1割になるためにはどうすべきか

その点について、ぼくの考えを書いてみたいと思います。

「一生公務員なんて絶対にいやだ。」と思っている人にこの記事が届いてくれると嬉しいです。

公務員を辞めたいと思う9割の人は辞められない

僕が考える、公務員を辞めたい9割が実際には辞められない理由は次の通りです。

  • 実際に行動できる人が本当に少ない
  • 親の同意を求めてる人多すぎ
  • 公務員は一生安泰だと信じすぎ

上記の3つで悩んでいる人って本当に多いですね。

実際に行動できる人が本当に少ない。

公務員を辞めるために、実際に行動を起こせる人は、ほんの一握りです。

ほとんどの人は「辞めたい」と考えるだけで、行動をとることはありません。

つまり、公務員を辞めたい人の9割は行動を起こしません

 

行動しない人は、「もう少し考えてみる」とか「もうすこし勉強してから」と決まり文句を言ってることが多いです。

準備や計画こそが最も重要だと勘違いしてる可能性が高いです。でも、これ恐ろしく逆なんですよ。

行動すれば、自然と勉強するし実体験から学べます。

準備、計画が必要ないではなく、ただ準備・計画で止まってる人が多いよってことですね。

 

ぼくも準備・計画ばかりで行動しないうちの一人でした。

行動できない人の特徴にドハマリしてました。毎日本を読んで、勉強した気になって満足してしまってたんですよ。

本を読んで、人より努力してる気がしてたし、知識もついてきた感じがして調子に乗ってたんですね。しかし、数年経っても現実が何一つ変わってないという。

あの「俺今まで何してたの?」という絶望感はヤバかったですっw

当時の過去の自分に対して、言ってやりたいです。「マジお疲れ!!どんまい。」

 

そんな経験を通して、はっきり言えるのは、

準備をいくら頑張ろうが計画を入念に立てようが、行動の先にしか答えはない。

ということです。

 

本を読むとか勉強するってめちゃくちゃ逃げなんですよね。ただ座って本を広げるだけで勉強したつもりになれるから。

それとは逆に”行動を起こすこと”は、苦痛を伴うんですよ。だから、多くの人はやらない。

そもそもどう行動すればいいかわからないからと諦める人もいます。

 

失敗が自分にとっての一番の学びになるんです。

もう、本当にこれ以上の自分に合った教材はありません。どう行動すればいいかわからないなら、どう行動すればいいか学べばいいんです。

それが行動の第1歩だと思います。

だから、公務員マジで辞めたいなら行動しましょうよ!ってぼくは言います。

親の同意を求めている人多すぎ

「親が反対してるからやめられないんだ」と主張する人って、めちゃくちゃ多いです。

まぁたしかに、親が同意してくれたら心強いだろうし、背中を押して欲しい気持ちもわかります。

でも、自分の人生だよ?自分で決めるしかなくないか?と思うんですよね。

 

ぼくも仕事を辞めようと悩んでいた時、親に相談したことあります。

もちろん、反対されました。でも、もうハナから反対されるなんてわかりきってたんですよね。

それから、相談するのやめました。俺の人生だから。

親はそもそもお金で困って欲しくないと言う親心があります。それは素直に心配してくれてありがとうです。

親が公務員でいて欲しいと願っている理由は、お金の安定性です。

そりゃそうです。お金の面で自立して欲しいと願うのは親からしたら当然の事です。

だから、お金も稼げていない、やりたいことだけを主張したって、そりゃ反対される訳ですよ。

親からしたら、何あんた夢見ちゃってんの?です。

そんな僕たちができることは、公務員でなくても生きていける実績と姿を見せること。つまり、お金を稼げる実証です。

親の同意なんて求めるな。

行動して結果出して金稼いで、知らぬ間に親が応援してくれてるでよくないか。

親の同意を得てから辞めようと思ってる人が多いもん、そりゃ辞めらない人が多いわけですね。

公務員は一生安泰だと信じすぎ

「公務員でいれば、一生安泰。」

ぼくは、これを幻想だと思っています。

組織は、あなたを守ってくれててそうで、実は守ってくれません。都合悪くなったら、ポイっ!!

 

「毎月お金が決まった口座に決まった額が振り込まれる。」と言うけど、公務員に限らず一般企業に勤めている人も毎月給料は振り込まれてます。

だから、「公務員じゃないと生きていけない」なんて思ってしまうと、もはや選択肢はなくなります。

僕が「公務員ならずっと安泰だ」とどうしても思えないのは、人間関係とか仕事のやりがいを持てずに、何十年と公務員を続ける方がよっぽど苦行だと思うからです。

お金の安定を公務員という職に期待していると、公務員から抜け出せません。

公務員なんて、日本国民の全体のごく少数しかいません。公務員以外で食べてる人の方が圧倒的に多いんです。

公務員という枠に縛られてるのは良くない。視野を広げましょう。

仕事を辞める1割の人になるために

仕事を辞めることのできる1割の人になるためには、「行動する」ですよ。

ほんとこれです。僕も思い切って行動して、ちょっとずつちょっとずつ変わってった。

何年もかけて本を読んだことよりも、毎晩布団で考えた将来のことよりも、確実に現実が変わったんすよね。

「勉強する」とか「考える」も大事だけど、その先に行動がないと、結局いつまでたっても何をすべきか、何を学べばいいかもわからないまま。

ポケモンでいう、マサラタウンをずっとうろちょろしてる状態。全くストーリーが進まないのは当然ですよね。

 

過去のぼくも、「もう少し考えてから」とか「勉強してから」と言って行動を先延ばしにしてました。

だから、何年間も公務員から抜け出せなかった。

マジで将来を変えたいなら、行動しろ!!これは、過去の自分へ本気で伝えたいことです。

まとめ

いかがでしたか?

公務員を辞めたい人の9割が辞められない理由は、この3つでした。

  • 実際に行動できる人が本当に少ない
  • 親の同意を求めてる人多すぎ
  • 公務員は一生安泰だと信じすぎ

もちろん、公務員を辞めることだけが全てではないです。自分で公務員を続けるのが最善だとしたなら、それが正解。

でも、どちらにせよ自分と向き合い、道を決定するべきです。

人がこうしてるからとか親に言われたからとか、他人の目を気にしてたら、いつまでたっても自分らしい生き方なんてできっこないです。

そして、公務員を辞めること自体は目的ではありません。むしろ、頑張らなきゃいかんのは、公務員を辞めた後ですから。

公務員を辞められずに苦しんでいる人が多すぎるのでこの記事を書いてみました。

あなたの参考・励みになってくれたら、嬉しいです。

▼こちらの記事も合わせてどうぞ▼

Pocket

ゼロから始める!!デザインレッスン

ゼロから始めるデザインレッスンです。

デザインの基本原則を論理的に教えているから、誰でも人から「センスいいね」と言われるデザインができるようになります。

デザインソフト「photoshop」「illustrater」の基本操作、基本原則などのデザインのルールもお伝えしていきます。

「デザインを使ってやりたいことがある」

「武器となるスキルが欲しい」

そんな人の活動を加速させるためのスキル、デザイン。

まずは、無料体験レッスンからぜひ受講ください!!

【消防士転職に関するの超リアルな話】

みんなが気になるお金の話から、消防士のリアルな話、実際に退職へ向けて行動した結果、ブログでは話せない超リアルな話を配信中!!

転職したい人も、独立を目指す人も!
今楽しい人も楽しくない人も!

人生変えたいなら、要checkです!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください