経験者は語る!大学の奨学金を借りる前に、知っておくべき5つのこと

Pocket

あなたは奨学金を借りて大学進学を目指そうとしていますね?

どうも、奨学金で苦しんでいるあきです。

あなたが今まさに借りようとしている奨学金。聞こえは良い奨学金ですが、

奨学金=借金 って認識ありますか?

奨学金を借り、大学進学し就職するも、自己破産している先輩たちがたくさんいるのご存知ですか?

今まさに、人生をかけた選択を、お金を稼いだこともまだない、お金の使い方もまだ知らない高校生のあなたに突きつけられています。

正しい奨学金の知識を持って、判断しなくてはいけません。

それは、あなた自身を守ること。社会はいつまでもあなたを守ってくれませんよ。

そんな大切なことなのに、学校の先生は、その事実を教えてくれません。

なぜでしょう。

そもそも、先生が奨学金を借りた経験がなかったり、苦しんだ体験していないからとも言えます。

もしくは、大人の事情で、進学率を上げるためにあなたに奨学金を勧めているかもしれません。

実際に、無知で奨学金を楽観的に考えて借り、大きな借金を背負って社会人のスタート切った経験がある消防士の僕が、あなたに奨学金についてお話しします。

あなたに僕と同じ失敗して欲しくない!!

奨学金とは

難しい説明はない。

奨学金=借金という認識だけでいい。

だからこそ、大学へ行くために借金を背負う覚悟があるかが重要になります。

もういっそのこと『奨学金』って名前辞めた方がいいと僕個人思っています。

本当にややこしい。わかりづらい。

大学進学借金制度です。

滞納すると普通の借金と同じで、連帯保証人に返済を求められ、最終的には自己破産することにもなる怖いものです。

将来、どんな職業に就くかもわからないあなたに、そんな決断を求められるんです。

将来、就職できなかったらどうする?世界に旅に出たくなったらどうする?

僕は、世界に旅に出たかったけど、奨学金があったから、就職を決めた!泣

ダセー俺!!

あなたの夢は?

あなたの夢はなんですか?そのための大学進学ですか?

今一度真剣に将来について考えてみましょう。

ただなんとなく大学に行くという選択は、避けた方がいい。

今思いつくことでいいから、何か目的・理由を持って進学してほしい。

そんな僕は、目的・理由なし。なんとなーく大学に行った馬鹿野郎です笑

高校まで、サッカーに明け暮れ、最終的に大学進学しました。

やりたいことが高校卒業時点で決まってなくて、大学行くしかないなって考えました。

どんだけテキトーだったかって言ったら、法学部だったんですけど、法学部って何やるの?って状態で、入学しましたからね。

あなたは、大丈夫だよね?笑

結局、4年間でやりたいことも見つからず、とりあえず消防士になりました。

途中で夢を変えても全然いいので、今の時点でやりたいことをやるべき。

将来の夢に、大学進学が必要なのか考えてみましょう。

あなたの夢に大学が必要ならば、利用したらいい。

必要なければ、違う道を歩むといい。

大切なことは、自分の道を自分の頭で、しっかり探すことだと思っております。

奨学金で苦しむ人たち

 奨学金制度の全て悪いわけではないんです。危険なのは、リスクも知らずにお金を借りようとしていること。

僕の両親は離婚していて、大学進学するためには奨学金を借りることは必須だった。

僕も、奨学金制度がなければ、大学に進学することは不可能だった身なので、とても感謝はしています。

一番まずかったのは、奨学金=借金と言う認識の甘さでした。

「返済月々4万円くらい働いてたら楽勝でしょ!?」
「金貯めて一気に返す!!」

そんなことを生意気に宣言していた気がします。

月々数万円なら楽勝なんて、絶対考えないでください。

奨学金の意味を理解し、奨学金から融資を受けるかを決めるのは、誰でもないあなただ。

奨学金を苦しんでいる人が、いることはまぎれもない事実。

その事実を、直視しよう。目をそらさない。明日は我が身である。

奨学金を借りたばっかりに、1度の人生を棒にふることのないようにお金の勉強をしよう。

大学時代パチンコばかりやって、酒ばかり飲んでいて、大学の思い出は、お金の苦労が基本だった本人が言っているのだから間違いない。

お金の正しい理解、使い方さえ身につければ人生余裕だ!!

この事実に気がついてよかった。勉強してよかったと心底思っている。

知らなかったことを考えると、ゾッとする。

あなたには、「やりたいことの勉強」プラス「お金について」勉強することを強くオススメします。

お金の話になると、「俺はお金が目的じゃないんだよね」「お金のことは考えていない」って人いるけど、バカやろーーーーーーーーーーーー。

最低限お金がないと、最愛の家族を守ることもできないし、お金抜きでは、最高に楽しめる人生も楽しめないよ。

それが、現実。現実をしっかり目の当たりにしよう。

お金は汚くない。お金を汚くするのは、使う人。お金は大切。

お金LOVE!! 僕のところに、おいでよ笑

奨学金の返済期間は、10年〜20年。めちゃくそ長い期間返済する。

月の返済は、1万〜4万円。(融資額によりますが)

22歳で大学卒業して20年間返済を続けるんです。

返済完了は、うまくいけば42歳。その間に結婚する人が多いはず。

将来の家計も苦しくなるので、慎重に判断しましょう。

返済不要の奨学金

返済不要の奨学金が存在することをご存知だろうか?

誰でも利用できる奨学金ではないけど、もしあなたが、返済不要の奨学金を利用できれば、得をする。

積極的に利用したい奨学金です。

しかし、自分で聞きにいったり、情報を手に入れないと情報が入りづらいものが多いので注意してください。

知らなきゃ損しちゃいます。

奨学金には、「貸与型奨学金」と「給付型奨学金」と2種類あります。

返済不要な奨学金は、「給付型奨学金」。

この給付奨学金には、国や地方自治体が給付しているもの。大学、企業が給付しているもの とかなりの数の給付型奨学金が存在します。

ここで紹介しきれない数。内容も様々です。

「成績優秀だから、返済しなくていいよ」
「将来、教師になったら返さなくていいよ」
「地元の企業に8年間勤務したら、返済しなくていいよ」

あなたが志望している大学から給付型奨学金が出るかもしれません。
あなたが住んでいる地元が補助してくれるかも!?

もし、あなたに該当する奨学金があれば積極的に申請してみてください。

 

奨学金を借りるべき人はこんな人だ!!

・大学に目的を持って進学しようとしている人
・夢実現のために進学が必須な人
・大学を最大限に有意義に過ごそうとしている人
・必ず大学で何か学んでやるという意欲を持つ人
・奨学金のメリットとリスクを把握し、理解した人
・お金の勉強し、理解しようと努力できる人
・将来の奨学金返済の苦しさを理解した人

何回も言うし、しつこいくらい伝えるけど、奨学金=借金ということだけは忘れないで。※テストに出ます!!

まとめ

高校生だから、『そんな難しいこと、まだわからないよ!』と言う意見もあることでしょう。

でも、それは大人になってもたいして変わりません。

もう、わからないことだらけっすよ!!

わからないから、やらないの?そんな人、誰が相手にしてくれるだろう。

わからなかったら、解決するだけのこと。わからないからこそ、理解する努力をしよう。

自分を守ることができるのは、あなた自身です。

昔の僕に、誰かアドバイスしてくれーーーーー。笑

僕自身、先ずにお話した通り、多額の奨学金を借りて、奨学金に苦しんでいる張本人です。

でも、後悔はしていません。自分自身で選択した道だから。

悪いことも全て含めて、経験。

そんなリスクがあるからこそ、奨学金のメリットとリスクを自分の頭で考えた上で、最終判断をしてください。

必ず誰しもが安定した収入を得られる時代ではないからこそ、強く賢くいきましょう!!

最後まで、読んでいただきありがとうございました!!

 

 

 

 

Pocket

ゼロから始める!!デザインレッスン

ゼロから始めるデザインレッスンです。

デザインの基本原則を論理的に教えているから、誰でも人から「センスいいね」と言われるデザインができるようになります。

デザインソフト「photoshop」「illustrater」の基本操作、基本原則などのデザインのルールもお伝えしていきます。

「デザインを使ってやりたいことがある」

「武器となるスキルが欲しい」

そんな人の活動を加速させるためのスキル、デザイン。

まずは、無料体験レッスンからぜひ受講ください!!

【消防士転職に関するの超リアルな話】

みんなが気になるお金の話から、消防士のリアルな話、実際に退職へ向けて行動した結果、ブログでは話せない超リアルな話を配信中!!

転職したい人も、独立を目指す人も!
今楽しい人も楽しくない人も!

人生変えたいなら、要checkです!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください