「消防士を辞めたい」と思い悩んでいるなら、読んでほしい記事。

Pocket

どうも、アキミチです。

 

この記事に辿り着いていただけたということは、あなたは今「消防士を辞めるかどうか」で悩んでいることだと思います。

実はぼく自身も、「消防士を辞めたくてもなかなか辞められずに苦しんだ」経験をしました。

当時、本当にどうしたらいいのかわかりませんでした。

消防士辞めるかどうかで悩んでいる方を応援するために、今ぼくはこの記事を書いています。

 

消防を辞めたいと悩んでいるけど、踏ん切りがつかない。

そういって中々辞められない。こんな人がほとんどなのが現実です。

だから、焦る必要は全くありませんよ。

自分を信じて、あなたのペースでいきましょう!

 

周囲から受ける期待や家族を守る責任があると、「消防士を辞めたいと思っている自分が間違っているのかな?」なんて不安になりますよね?

「もしかしたら、このまま自分を押し殺して、消防士を続けるのがのが正解なのかもしれない・・」

そんな「消防士を辞めたい」と悩み行き詰まっているあなたの悩みが、この記事を読んで前向きになっていただけたら嬉しいです。

『結論』結局、自分がどうしたいのかである。

仕事をこのまま続けるのか?辞めるのか?

行き着くところは、結局自分はどうしたいの?が全てだと思っています。

仕事が嫌だから、辞めるっていう選択も全然正解だし、やりたいことが今は見つからないから見つかるまで消防士を続けてみるのも正解。

だから、先が見えない未来に、正解なんてもんはないんですよ。

いかに自分で正解に持っていけるかが重要だと思います。

 

そんな前提を置いて、ぼくは「公務員の安定」って言葉が嫌いでした。

だって、「そもそも、安定ってなに?」って思ってたから。

確かに、毎月給料は必ずもらえます。

福利厚生もあります。

休みもあります。

でも、くだらない人間関係のストレスとか考えると「安定」なんてクソだなって思うんですよ。

 

公務員より不安定な仕事をしている方はたくさんいます。待遇とか関係なしに「これだ!!」って仕事に出会えて、頑張ってる人めちゃめちゃカッコよくないですか?

 

「安定」のために、自分の人生を好きでもない仕事にかけるのってどうなんだろう?

家族の反対とか世間の目とか、社会的地位とか一旦抜きにして、「結局自分はどうしたいのよ?」ってところにあなたの答えは必ずある。

稼げるとか稼げないとか、将来食えるのか、それも考えるのは後回しにして、

「本当は、どう生きていきたいのか。」

そんな質問を、冷静に自分にぶつけてみましょう。

行動を起こさなきゃ、何も起きない。

腹を決めて、行動を起こさなきゃ現実を変えることはできません。

何を思おうといくら考えようと、結局行動しないことには何も変わらないです。

これが現実です。

だからこそ、一旦立ち止まって、人生単位でどう生きていきたいのか今一度考えましょう。

 

僕自身の経験ですが、消防士を辞めるために、たくさんの本を読み漁っていた時期がありました。軽く100冊くらいは読んだかな。

でも、何も変わりませんでした。

なぜだと思いますか?

 

ただ単に、行動しなかったからです。

本を読んで満足してしまったんです。

本を読んで、人よりも自分は学んでると思っていました。知識は人よりもあるなんて思っていました。

でも、それが飛んだ勘違いだったんです。

 

「夢をかなえるゾウ」という本を読んでそんな勘違いに気づきました。当時ズバッと僕に刺さった文章で、大切な気づきをくれた1冊。

だから、「考えてる」とか「悩んでる」って意味ないのかもしれません。

だって、行動しなきゃなんも変わんないんだから。

決意1つで人生はいつでも変えられる

消防を辞めるにあたって、「年齢」を気にされている方もいらっしゃると思います。

年齢ってただの数字です。

だから、年齢を気にせず、言い訳にせず挑戦するのもありだと僕は思います。

もちろん20そこそこの時とは戦略は変わるでしょう。でも本当に心から自分がやりたいことが見つかったなら。そりゃもうやるしかないでしょ‼︎

もちろん、家族のこととかハードルはあるかもしれないけど、その分経験を積んでるわけだし、まずリスクを追わない形でまずやってみることは誰にでもできるわけなので。

よく「あと10歳若かったら」とか「今の時代だったら」って聞くけれど、そんな人はどんな時でも無理だと思うんです。

結局は、腹決めてやれるか。

自分や家族のことについて、いかマジで考えられるかどうか。

 

もちろん、その決意するための準備は必要になりますが、「自分がどう生きたいのか」としっかり向き合うことが大事だなとつくづく思います。

一度立ち止まって、時間をかけて自分のことや人生を見つめ直す。

そんな時間をとってみるのも1つの戦略です。

 

『消防士を定年まで続けるのもあり!消防士を辞め、違う人生を歩むのもあり!』

状況は人それぞれ、正解も人それぞれ。

だから、自分のペースでしっかり進んでいく。

そう思えたら、少し楽になりませんかね?

ってなわけで、消防士の転職相談やってます!!

この記事を書いてる途中で、思いつきました。

消防士を辞める系の相談って、しづらい。

誰にも相談できなくて苦しんでる人がいるんじゃないか?

ってなわけで、消防士の転職や仕事のことで悩んでいる消防士の、相談相手に僕がなります。

 

ぼくの主観でしか話せないですが、話し相手くらいなるでしょう。

僕でよろしければ、気楽にご連絡・お声がけください!!

「消防士が仕事を辞めたくて悩んでるんだけど、相談相手がいない。」

現に僕も7年間誰にも相談できず、苦しみました。

消防士という職業柄、「公務員を辞める」なんて言い出せない雰囲気があるんですよね。

言おうものなら、顔色変えて必死に阻止してくるみたいな。

「もう少しだけ頑張れ!

「おまえはもっと頑張れるんだ」

「公務員ほどいい仕事ないぞ」

相談してもこんなテンプレート。

もう聞き飽きたっしょ。

残念ですが、理解してくれる人は少ないでしょう。

名前
消防士を辞めたい気持ちは、消防士にしかわからん!
名前
とりあえず、誰かに話がしたい!聞いてもらいたい!

だから、始めます!やってます!

消防士のための転職相談

詳しくは↓バナーをクリックしてください。LINEから連絡できます。

超現実的に転職に向けて、アドバイスしてます。

https://twitter.com/fireprogramer/status/860771522683719680

twitterからのダイレクトメッセージでの無料相談もできます。

ご気軽にご相談ください。

Pocket

ゼロから始める!!デザインレッスン

ゼロから始めるデザインレッスンです。

デザインの基本原則を論理的に教えているから、誰でも人から「センスいいね」と言われるデザインができるようになります。

デザインソフト「photoshop」「illustrater」の基本操作、基本原則などのデザインのルールもお伝えしていきます。

「デザインを使ってやりたいことがある」

「武器となるスキルが欲しい」

そんな人の活動を加速させるためのスキル、デザイン。

まずは、無料体験レッスンからぜひ受講ください!!

【消防士転職に関するの超リアルな話】

みんなが気になるお金の話から、消防士のリアルな話、実際に退職へ向けて行動した結果、ブログでは話せない超リアルな話を配信中!!

転職したい人も、独立を目指す人も!
今楽しい人も楽しくない人も!

人生変えたいなら、要checkです!

友だち追加

1 個のコメント

  • あきさん

    以前、相談させて頂きました飯田です。
    その節はありがとうございました。

    再度、ご相談がありご連絡しました。
    転職サイトの方で気に入った企業があり、応募しようと考えていますが、当然、どこの企業も面接時において、退職理由を聞かれると思いますが、私の場合は人間関係が理由でそれをそのまま面接官に伝えると間違いなく落とされてしまうと思います。民間から民間への転職なら色々な理由が考えられますが、安定した公務員から民間へとなると、適切な理由が思い浮かびません。
    どのような理由が適切かお知恵を拝借できたら幸いです。
    よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください