【消防体力試験対策】今、体力に自信がなくても、正しいトレーニングすれば消防士になれる。

Pocket

どうも、アキミチです。

 

消防士といえば、筋トレ!そんなイメージありません?

そのイメージ通りで、消防士には厳しい体力錬成が待っています。

 

下手すると命にも関わる危険な現場で活動するわけなんで、どうしても体力は求められます。

 

となると、体力に自信がない人は消防士になれないのか!?

否!!

体力に自信がない人でも、正しいトレーニングを継続すれば絶対に消防士になれます。

 

採用試験では、体力試験が必ずあります。つまり、クリアすべき基準があるんです。

その基準を把握して、個人でしっかり対策・努力すれば、絶対にクリアできるはずです。

 

体力に自信がないなら、正しいトレーニングで対策しよう

体力に自信がない方は、絶対に体力試験対策が必要。

 

合格するために1年を通して、しっかり体を作っていきましょう。

各消防本部により、体力試験内容は多少違うはずですが、今回ご紹介する程度の力をつけることができれば、体力面での最低ラインは達成できると言えます。

 

消防士の体力試験の定番メニューを把握する

  • 腕立て伏せ
  • 腹筋
  • 背筋
  • 反復横とび
  • 跳躍(立ち幅跳びなど)
  • 1500m走orシャトルラン
  • 275m走
  • 懸垂

学校の体力テストは、消防で重視される定番トレーニングです。

 

運動が苦手な人も、これを基準値まで引き上げれば合格できる。そのために、最低合格ラインをまず狙っていく。

 

しっかり毎日こなせば、目標を必ずクリアできる種目ばかり。

中でも、懸垂は、苦手意識を持つ人が多い種目。その一方で、やればやるだけの成果が出る種目です。

 

それでは、それぞれのトレーニングメニューについて書いていきますね。

 

1腕立て伏せ

腕立て伏せのトレーニングを紹介します。

腕立て伏せテスト要領

  • 顎がおおよそ床につくまで、しっかり下げる
  • 3秒に1回のペースで行う

目標回数は、100回です。

 

応用メニューで筋力アップ

  • 腕を曲げた状態で10秒キープ
  • 腕を伸ばしたらまたすぐ腕を曲げて10秒キープ
  • 以下繰り返す

耐久性をあげる!

 

腹筋

  • 30秒間or1分間に何回できるか
  • 膝は曲げた状態でスタート(足の上に乗る補助者あり)
  • しっかり上がり、しっかり下げる

目標は、1秒に1回(1分間であれば60回)

腹筋は、毎日行う。

試験前までに、腹筋を割ることが目標にすれば、モチベも保てません!?

 

懸垂

  • 胸まで上げる
  • しっかり静止する
  • 反動は使わない

目標回数は20回。最低15回。

 

 

275m走

  • 55m×5
  • 行って帰って行って帰って行って

無心に走り込む!! 

走る系の試験は、日頃からランニングを続けることが最も効果が出ます。

試験勉強だけに集中しすぎると運動不足になりかねないので、休憩の間に体を動かすと決めるなど工夫して、効率良くいきましょう。

 

その他の種目(体力テスト系)

その他の種目については、学校で体力テストで一度はやったことがあるであろう種目です。

文部科学省が発表している新体力テストが参考になります。各種目満点を目標にトレーニングをしましょう。

文部科学省(新体力テスト)
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/stamina/03040901.htm

 

 

Pocket

ゼロから始める!!デザインレッスン

ゼロから始めるデザインレッスンです。

デザインの基本原則を論理的に教えているから、誰でも人から「センスいいね」と言われるデザインができるようになります。

デザインソフト「photoshop」「illustrater」の基本操作、基本原則などのデザインのルールもお伝えしていきます。

「デザインを使ってやりたいことがある」

「武器となるスキルが欲しい」

そんな人の活動を加速させるためのスキル、デザイン。

まずは、無料体験レッスンからぜひ受講ください!!

【消防士転職に関するの超リアルな話】

みんなが気になるお金の話から、消防士のリアルな話、実際に退職へ向けて行動した結果、ブログでは話せない超リアルな話を配信中!!

転職したい人も、独立を目指す人も!
今楽しい人も楽しくない人も!

人生変えたいなら、要checkです!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください